TAKAO SHIOTSUKA ATELIER
TOP PROFILE WORK COMPETITION PUBLICATION LINK INFORMATION



K大学公募案プロポーザル

2010

大屋根とドーム

学生や来訪者など、異なる目的を持って来館する人々が気軽に交流できるように、大きなひと続きの屋根に覆われた半屋外のワンルームを提案します。その屋根から吊り下がるような、大きさの異なるいくつかのドーム状の覆いが機能を持ったスペースをつくります。 敷地を取り囲む既存のキャンパスや新設のキャンパスモール・キャンパスコモン・チャペル予定地などからは大屋根下へ自由にアクセスでき、キャンパス全体をつなげる役割を担います。 天窓を持つドームの内部には自然光が入り、視線レベルではガラスを用いることで開かれた環境をつくります。ドームはその柔らかく包まれるような親しみやすいかたちで、学校施設としての堅苦しさを無くします。 また古くから宗教的な意味を持ち、キリスト教でも宇宙の象徴として受け継がれてきたことから、本施設に相応しいシンボルになるものと思います。



















TOP PROFILE WORK COMPETITION PUBLICATION LINK INFORMATION
TAKAO SHIOTSUKA ATELIER
ALL rights reserved TAKAO SHIOTSUKA ATELIER 2004   記載内容の無断転載を禁じます