TAKAO SHIOTSUKA ATELIER
TOP PROFILE WORK COMPETITION PUBLICATION LINK INFORMATION


tenniss


テニススクール
tennis school


大分県大分市
2004.12〜
2005.09完成
テニススクール
鉄骨造
1355m2

設計監理:
意匠:塩塚隆生アトリエ
構造:大賀成典
設備:河野設備設計室

施工:佐伯建設
tenniss

tenniss photo Toshiyuki YANO (Nacasa & Partners Inc.,)


コート2面とクラブハウスを有する屋内型のテニススクールです。敷地の形状から2つのコートが雁行する配置になっています。建物全体の形状は、雁行した平面形状をそのまま10M立ち上げた箱型です。しかしながら、10Mの壁がそのまま屹立すると、圧迫感とのぺっりとした退屈な表情が立ち現れてしまいます。そこで、高さ10Mの外壁を2.5Mづつ4分割し、上方にいくほど分割した部分毎に僅かながら外壁が屋外側に迫り出してくることで、屋外においては退屈な表面に表情を与え、屋内ではより広がりが得られるようにしました。外壁は光沢を持った金属板で仕上げられます。

Aki plan



Aki plan


Aki plan


TOP PROFILE WORK COMPETITION PUBLICATION LINK INFORMATION
TAKAO SHIOTSUKA ATELIER
ALL rights reserved TAKAO SHIOTSUKA ATELIER 2005   記載内容の無断転載を禁じます