TAKAO SHIOTSUKA ATELIER
TOP PROFILE WORK COMPETITION PUBLICATION LINK INFORMATION


Oita Education Center

大分県教育センター

Oita Education Center
 

大分県大分市
設計:2013.05〜2014.01
施工:2014.01〜2015.03
研修施設
5000u
設計:
意匠:塩塚隆生アトリエ
構造:大賀成典
設備:AES設計
       SK設計
監理:大分県施設整備課
施工:豊國建設
     佐伯建設
       ANAI

クリックするとその他の写真をご覧いただけます
■その他の写真 >>>
 
Oita Education Center photo 矢野紀行 (矢野写真事務所)

流動性・開放性・経済性
築45年の研修施設の大規模改修

@補強ではなく軽量化によって耐震性を向上
バルコニーや庇、腰壁、パラペットや階段などを撤去し軽量化を図ることで耐震性、空間の開放性を高めています。また新たに、鉄骨造の軽い屋根をかけることでく体を保護しています。

A屋根や階段、渡り廊下などを付加することで流動性、機能性を高める
新たに付加する階段や渡り廊下、プラットホームは構造的に自立することで、既存く体に影響を与えないようにしています。これらは、これまでの建物の印象を大きくかえる要素にもなっています。

B建物と敷地を貫く拠り所(プラットホーム)をつくる
プラットホームは、これまで無かった交流や展示、憩いの場を提供します。このプラットホームと渡り廊下が敷地の南北方向の動線を、また東西に新設した階段が東西方向の動きをつくることで、これまでなかった施設全体の流動性を生み出しています。


Oita Education Center
Oita Education Center
Oita Education Center

Oita Education Center

Oita Education Center

Oita Education Center

Oita Education Center




TOP PROFILE WORK COMPETITION PUBLICATION LINK INFORMATION
TAKAO SHIOTSUKA ATELIER
ALL rights reserved TAKAO SHIOTSUKA ATELIER 2005   記載内容の無断転載を禁じます